【開発】カンタンPro Cloud(仮称)|トップページが出来た

おはようございます。Laravelプログラミングの学習を繰り返しています。一度すべてクリアーして【AWS】Elastic Beanstalkでデプロイ前提で環境を再構築しました。

Techpitのオンライン教材を参考にLaravelを復習しながら、カンタンProCloud(仮称)を実際に開発していきます。

カンタンPro Cloud(仮称)とは

僕は、何事も形から入るタイプなのでトップページを以下のように作成しました。本体はまだ何も出来ていませんw
※ Laravelでユーザーログイン機能は簡単に実装できました。

- カンタン&プロフェッショナル -
フリーランス向けワーキングシステム

どうでしょう? キャッチコピーを作ることで作りたいアプリのテーマが明確になりました。基本コンセプトは以下の通りです。

  • ブラウザだけで簡単に操作できる(カンタン)
  • AWS クラウドを活用して堅固でセキュア(プロフェッショナル)
  • フリーランス向け(個人・副業・中小零細企業 含む)
  • ワーキングシステム(販売管理)

Laravelの環境構築もできたし、最終的に公開(デプロイ)も AWS で出来そうなので、これで安心して開発に専念できます。

ここまでの過程で感じたこと

技術はドンドン進化していて、教材での学習だけでは追いつきません。本やオンライン教材、公式マニュアル、ブログなど、横断的に情報収集していく必要があります。今時点で必須となっている技術も実は必要なくなっていることがあります。

初心者はAWSを利用すべし

特に AWS はプログラミングの常識を破壊しています。

例えば、

  • ローカル開発(VSコードなど) → AWS Cloud9 で環境構築が簡単にでき、いつでもどこでも開発できる。
  • Githubで共同開発 → AWS IAM(ユーザー) を作ればCloud9 でプロジェクトをシェア可能。同時編集もできる。
  • Githubでコード管理 → AWS ChordCommit もあるしCloud9でリビジョン管理できるらしい(知らんけど)。
  • 煩雑なデプロイ → 【AWS】Elastic Beanstalkにおまかせデプロイで簡単&スケーラブル&堅固。

など、AWS のインフラを活用すれば良いだけです。この他にもサーバーレス環境の AWS Lambda やRoute53で独自ドメインの利用など、まだやってないことも沢山あります。

環境構築はAWSにおまかせして開発に専念

アプリの駆動環境はセキュリティや堅固性などが必要なのでとても重要です。そのため、アプリ開発者はネットワークやサーバーの知識など色んなことを学ぶ必要がありました。本来、環境構築などはプログラマーとって無駄な作業です。(別途、インフラ技術者が必要になる場合もある)

プログラマーにはもっと重要な仕事があります。当然ですが、アプリを開発する仕事です。そんなわけで、AWS はプログラマーにとってとてもありがたいインフラになります。

とはいえ、AWS の利用にも学習が必要です。残念なことに AWS の公式マニュアルは分かりにくい。また、今は無料枠ですがいずれ課金が発生します。
毎日のチェックリストを記録しています

今日のチェックリスト

ルーティーン

AM

  • 筋トレ
  • 家の片付け

ランチタイム

  • なにか食う

PM

  • 書類整理
  • Laravel学習

アフター

  • ラーニングログ

▼こんな商品をネットで販売しています