プーチンはパラノイア?これは本当に危険!

おはようございます。外を歩くとき、まだまだ手袋が必要なほど肌寒く感じます。春はもうそこにきているけれど、春を待ち焦がれるほどに寒さを実感する今日この頃です。

プーチンはパラノイア(妄想病)

僕が見るところ、ロシアのプーチン大統領は何らかの精神的病気だと思う。報道では米国議員から「プーチンはパラノイアだ」「妄想に取り憑けれている」と言う声があがってるらしい。

核兵器を持った独裁国家の権力者が妄想に取り憑かれている。なんたる危機的な状況であろうか!彼にもはや常識は通用しない。自分の思い込みに支配され突き進んでいる。国際社会が経済制裁しようとSNSで世界中の人から批判されようとお構いなしだ。利害なんて関係ないんだもの。

どうすれば良いのか?プーチン政権の側近がまともであれば力づくでも止めるしかない。日本であれば「殿御乱心!」とばかりにはがいじめにして引き止め抑え込むだろう。ロシアにそう言う忠臣がいることを願う。

今日のチェックリスト

今日のチェックリスト

今日は急ぎの案件を出荷する。そして、次の急ぎの案件に取り掛かろう。引越しでしばらくの間仕事の対応ができなくなるので、何処まで新規の案件を受けるか難しい判断。

早朝ルーティーン

  • 【朝散】考え歩き(散歩通勤)
  • ブログ・SNS発信(TwitterFacebook

午前の仕事

  • 梱包出荷

昼食+息抜き

  • 外食

午後の仕事

積み上げ

  • オーディオブックで三国志を聴く

▼こんな商品をネットで販売しています