【ネット物販の闇】注文がこなくなり暇になった時どうする?

目的を見つけよ。手段は後からついてくる。 by マハトマ・ガンジー

おはようございます。

ネット物販をしていると、突然暇になることがあります。エアーポケットのようにポカリとスケジュールが空きます。

これは、やむを得ないことです。そもそも需要には波がありドドッと注文が入る時とそうでない時を調整することはできません。サイトで受注するスタイルは、基本的に受け身のマーケティングですから。

では、波の底、つまり暇になった時に何をすれば良いのでしょうか? どう考えて行動すれば良いのでしょうか?

ネット物販を10年以上続けてきた僕の経験から対処法をお話します。この考え方を身につければ、鬼に金棒、忙しい時も暇な時もオールOK! 大丈夫な自分になれます。

暇になった原因は何かを分析する

まず冷静になって、暇になった原因を分析しましょう。
暇になる原因は色々あります。

  • 世の中が不景気
  • 業界が低迷
  • 売ってる商品の需要が減少した
  • 競合が強くなった(多くなった)
  • 検索エンジンで順位が下がった
  • 提供している商品サービスに問題がある
  • 緊急事態宣言の影響

他にもあるかもしれませんが、こんなところでしょう。
最後の緊急事態宣言の影響は、平時ではありませんが現時点では非常に大きな原因です。

それでは、詳しく説明しますね。

世の中が不景気?

誰もがこう考えるでしょう。商売がうまくいかない時、ネットとリアルを問わず不景気のせいにしたいものです。

しかし、本当にそうでしょうか? よく考えた方が良いです。僕の経験からすると不景気のせいというのは単なる言い訳で実際は他に原因がある場合が多いです。

確かに日本は長期のデフレでお世辞にも景気が良いとは言えません。全体には低水準ですが、その中で皆なんとかやっているのです。つまり、ずっと不景気で今始まったことではありません。

したがって、今回きた底波は他の原因である可能性は高いということです。

業界が低迷してる?

あなたの売っている商品サービスがどんな業界か分かりませんが、業界によっては斜陽化している場合があります。

これは争い難いことで、解決策は気が付いたら出来るだけ早く「逃げる」です。それを続けることは墓場に向かって歩き続けるようなものです。方向を変えましょう。

ただ、これは急に来るものではなくて徐々に来ます。波というより長ーい坂道をゆっくり転げ落ちる感じです。なので、今回の波とは別の話になるでしょう。

売ってる商品サービスの需要が減少した?

これは注意深く監視していなくてはなりません。ネット物販はニッチな需要を攻めるので、比較的影響は少ないですが、やはり重要監視項目です。

ただ、これもあなたがコントロールできるものではなくただ「そこに魚がいなくなったら他の釣り場に移動しよう」というように行動するだけです。

競合が強くなった(多くなった)?

これは、最も多いパターンです。ほとんどの原因はこれです。戦いましょう。

逆にいうと「自店が弱くなった」です。扱っている商品サービスをグレードアップするとか、新商品を開発するとか不断の努力が求められるでしょう。

あるいは、レッドオーシャンを抜け出すためにはブランディングを考えたり、更にニッチ市場を攻めたりすることも一つの方法です。

検索エンジンで順位が下がった?

何も変えてないのに気がつけば検索エンジンの順位が下がっていた。よくある話です。厳しい言い方で恐縮ですが、何も変えていないのはあなただけで、Googleも同業他社も常に変化しています。

検索順位は常に監視しましょう。そして、SEOなどの必要な対策を取り続けましょう。とは言え、これは先に述べた「競合が強くなった(多くなった)」とも関連することなので、競合が強い市場から抜け出すことも必要になるかもしれません。

いずれにしても、検索エンジンの順位は売上に直結します。SEOで負けたなら有料広告(CPC=クリック報酬型広告)の利用も検討してみてください。

僕の経験上、有料広告を打てばアクセスは確実に上がります。ただ、自然検索で来たユーザーよりも目標達成率(コンバージョン)、つまりお問い合わせをしてくれる割合は低いです。結果、広告費用ばかりかさみ成果がでないという悲惨なことになりかねません。一発決まれば利益が大きい商品サービスでないと有料広告はオススメしません。

提供している商品サービスに問題がある?

これは致命的なのですぐに改善しましょう。ネット物販のお客様でもっとも重要なのはリピーター様です。極限すれば、リピートされてなんぼです。

リピーターが多くなれば、多少検索エンジンの順位が下がっても暇になることはありません。

リピーター様獲得のためには、商品サービスの質を向上する、リピーター様には特典を付与するなど、出来ることは沢山あります。

緊急事態宣言の影響をどうしのげばいいのか?

これは先にも述べた通り、特殊な状態です。僕も10年以上ネット物販をやってますが、初めての経験です。実は、この緊急事態宣言により目に見えてサイトへのアクセスが減っています。

これは当然で、人々の行動が抑制されると店舗系の商売は成り立たなくなります。街に人が出ない→店舗にお客さんが来ない→新規出店するお店が少なくなる→切文字看板(僕の商品)が売れなくなる。という流れです。

昨年4月〜5月の緊急事態宣言のときもかなり厳しい状況が続きました。影響は1ヶ月遅れの6月に出ました。ほぼ問い合わせがなくなり、何をどうしていいのか露頭に迷うって感じでした。

今回はそれほどでもありませんが、やはり影響はでています。

支援金・給付金は全部もらう

暇になったのは僕のせいでもあなたのせいでもありません。厄介なウイルスが入ってきて世の中が混乱しているせいです。政府も精一杯努力していますが、始めてのことでもあり対策は後手後手です。

その中で出来ることは、政府が支給すると言っているお金は条件が合えばすべてもらうことです。遠慮することはありません。政府もその方が経済対策にもなりありがたいのです。

せっかく支援金・給付金の事業を予算を立てて実施しても利用者が少なく予算が余ってしまい、次の支援金・給付金にその予算を組み替えたりしてます。

利用者が少ないのは条件が厳しいという問題もあります。ここはなんとかしてほしいですね。

▼ こちらの動画が参考になります

牧野谷 輝MAKINOYA AKIRA
中小企業診断士ユーチューバー牧野谷 輝(まきのやあきら/Makinoya AKira) 政府の中小企業支援策、起業に関すること、経営に関すること、ビジネスに関することなど中心に、Youtuberとして情報を日々配信 【チャンネル登録者様推移】 2019年9月23日から、毎日動画配信中 1,000人 2020年 ...

無利子の借金はする

今はすでに終了してますが、保証協会などが保証して貸し出す好条件の借り入れ金もありました。その他にも社協の事業で無利子無担保で1年間返済猶予付きの緊急小口資金もあります。

借りられるなら、とりあえず借りてできるだけ使わずに返済するときが来たらそれで返せば良いだけです。利子がつかないということはそういうことです。

暇な時間を利用して副業をする

副業を考えるのも暇なときにやるべきことの一つです。副業と言っても時間を売る仕事ではありません。新しい商品サービスを作るのです。

これは人それぞれの方法があると思いますが、僕が企画しているのは、

  • FileMaker Pro のAPPを開発〜改善して有料販売
  • ブログでアフィリエイト収益を上げる
  • デジタルアートを販売する

です。実現性はともかく、もし実現できれば不労所得につながる可能性をもっています。スキルアップして誰かのために働くのではなく、スキルアプして自分の商品サービスを作ることが重要です。

自己投資する

そのための自己投資は価値があります。時間とお金をかけて学ぶのです。お金がなければ時間だけでもかけましょう。

  • 本を読む
  • オンラインスクールに申し込む
  • ネットで調べまくる
  • 手を動かして開発する
  • 書いて書いて書きまくる

今すぐにも出来ることばかりです。

さいごに

えらそうなことばかり書きましたが、僕もこれらをチャレンジしている最中です。

暇になったら「これは何かしろと言うことだな」ぐらいに捉えて今できることをするしかありません。それはクリエイティブな時間になることでしょう。ということで、一緒に頑張っていきましょう!

今日のチェックリスト

今日のチェックリスト

今日もお仕事頑張ります!

早朝ルーティーン

AM

  • 【朝散】考え歩き(散歩)
  • YouTubeみながら筋トレ
  • ブログとイラスト

ランチ&プログラミング

  • お昼ごはん

PM

  • 加工〜出荷1点
  • Instagram投稿
  • メール対応4件

▼こんな商品をネットで販売しています